にしかわウイメンズヘルスクリニック

  (全投稿)

子宮頚がんのはなし

2019.11.13

今日は子宮頚がんの事を書こうと思います。私が、医者になって最初の受け持ちに若い子宮頚がんを患った女性がいました。彼女は不妊治療のため大学を受診した際の検診で子宮頚がんが見つかりました。不幸にも進行していたため、子宮を摘出せざるをえませんでした。残念なことに、手術をしても癌の進行は止めることができず、転移した癌の治療のために入院していました。当時としては新しい治療をいくつも試しましたが、効なくみんなの願いがかなわず亡くなりました。意識がなくなる前に主治医チームの一番下で働いていた私に震える手で手紙を書いてくれたことを昨日の出来事のように思い出します。30年経った今でも、子宮頚がんは若い女性の命を奪う恐ろしい病気です。その後、私は大学院で子宮頚がんとヒトパピローマウイルス(HPV)の研究を行い、医学博士を取得しました。当時は子宮頚がんとHPVの関係がどんどん明らかにされていって、研究者としてはエキサイティングな毎日でした。ワクチンができて子宮頚がんが予防できるようになるなんて、その頃は夢にも思いませんでした。しかし、科学の進歩はめざましく、HPVワクチンが臨床応用され、今では子宮頚がん撲滅も夢ではない世の中になりました。日本では、残念ながらワクチン接種が止まっています。これから少しずつ、子宮頸がんの話、HPVの話を書いていこうと思います。

11月1日で満1歳になりました

2019.11.05

お陰様で開院1周年を迎えることができました。11月1日には円山の隠れ家的レストランでお祝いをしました。お店からも大きなケーキのお祝いが。クリニックにはお花も届いて、開院時のまるで花屋さんのようだったことが思い出されました。巨大なスイートポテトもいただき胸がいっぱいです。これからも一歩ずつ前進していこうと思います。どうかよろしくお願いいたします。

遺伝カウンセリングとは??

2019.11.02

前回は認定遺伝カウンセラーという希少生物(?)についてお話ししました.今回は遺伝カウンセリングについて少しお話ししたいと思います.

遺伝カウンセリングは遺伝性疾患に関する悩みを抱える当事者に対する医療行為の1つである,とウィキペディアに記載されています.具体的にはどのような方々が対象になるのでしょうか.

遺伝性疾患が注目されるようになったのはアンジェリーナジョリーがまだ病変のない乳房を切除したというニュースでした.皆さんもどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか.遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)という疾患です.アンジェリーナは自身の母が若年で乳がんで亡くなったことにより疾患に関係する遺伝子の変化を調べました.そして将来乳がんになるリスクが高いと分かったことが乳房切除のきっかけとなり,最終的にはがんのリスクの高い卵巣の切除も行っています.

このように親,兄弟,配偶者などが遺伝性疾患を持っていて本人もしくは自分の子が同じ疾患にかかるかどうか心配,という人以外にも高齢妊娠のため胎児への影響を心配している人(出生前診断など)や何度も流産を繰り返す習慣性流産の人なども遺伝カウンセリングの対象になり得ます.

遺伝子の変化は大なり小なり合わせると誰もが必ず持ち合わせているものです.全てが疾患の原因になるものとは限らず,本人にも自身のお子さんにも何の影響ももたらさないものや,予め知っておけば病気の早期発見に結びつくようなもの,治療方針の決定を左右するものまで様々です.

今はちょっとネットで調べれば様々な情報が手に入りますが真偽の程を判断するのはとても難しいことです.当院では出生前診断のカウンセリングを行っておりますが,その他心配なこと不安なことがあればぜひお声掛けください.臨床遺伝専門医と認定遺伝カウンセラーの知恵を結集し,誠心誠意対応いたします.

美瑛の畑で

2019.10.27

開院してもうじき1周年になります。昨年の今日は内覧会を行っていました。本当にたくさんのお花を頂き、廊下が花屋さんのようになっていました。この1年、期待や励ましに応えられるように頑張って参りました。今は講演の準備のためこれまでの歩みを振り返り今後の見通しなど考えております。大学→病院→クリニックと勤務形態が変化するにつれ、行っている医療内容、システムは変化してきました。自分自身が考えることも変化していますが、本質的には、一人一人向き合ってその時の一番良いことを選択していく、自分の家族にはどういう医療を行うのかと自問自答することだと思っています。写真は今月初めの美瑛の風景です。大地に根をおろし、しっかりやって行きたいものです。

NTT東日本札幌病院だよりに当院が紹介されました

2019.10.17

 

10月22日は休診いたします。

2019.10.15

10月22日は天皇即位礼正殿の儀のため休診いたします。

遺伝カウンセラーだより、はじめました

2019.10.15

はじめまして!認定遺伝カウンセラーの鷹巣(タカス)です。クリニックでは主に出生前診断におけるカウンセリングを担当しています。いつもは受付にいますので皆さんとは顔なじみ(?)ですね。月に1~2回の頻度で出生前診断や遺伝のこと、はたまた全然関係ないこと等をつぶやいていきますので、お付き合いください。

さて皆さんは「認定遺伝カウンセラー」という職業をご存知でしょうか。認定遺伝カウンセラー倫理綱領によると、「遺伝医学やカウンセリングの知識と技術をもって、医療や社会に貢献することを目指して創設された専門職」だそうです。

(日本認定遺伝カウンセラー協会 http://plaza.umin.ac.jp/~cgc/index.html

なんのこっちゃ、って感じですね。余り難しく考えずに、出生前診断を含めた妊娠出産にかかる悩みや不安などを吐き出していただいて、話したり、情報を得たりすることによって安心感を持ち帰っていただくお手伝いができれば、と思っております。

全国で243名(2018.12月現在)しかいない希少生物ですが、どうぞお気軽にお声かけ下さい。

土曜日は午後も診療してます

2019.09.28

おはようございます。今朝の札幌はとても良い天気です。毎朝、歩いて通勤してますが、土曜の朝は何かしら特別な空気です。いつもに比べて人が少なくて、通勤よりは散歩している方が目立ちますね。何十年も週休二日の生活でしたが、やっと土曜日に働くスタイルにも慣れてきました。7月からは午後も診療をしております。土曜日でないと来院できないという患者さんには喜んでいただいています。予約制になっていますので、HPから予約あるいはお電話をください。ひまわりもそろそろ終わりでしょうが、くまんばちが最後の蜜を集めに来てますね。

骨盤臓器脱とは

2019.09.16

骨盤臓器脱は、骨盤の中にある臓器である、腟、子宮、膀胱、直腸などが腟から下がって身体の外に出てくる病気です。図に示すように、正常では子宮や膀胱、腟は腹圧に抵抗して靱帯と呼ばれる支持装置で骨盤内に収まっています。この支持装置が、分娩や腹圧がかかることで傷がついたり、伸びてしまうことでこれらの臓器が下がってくると考えられます。下がってくる臓器が子宮の場合は子宮脱、腟の前側が下がってくる場合はその中に膀胱が入っているため膀胱脱、腟の後ろ側が下がってくる場合は直腸脱と呼ばれます。「腟に何かが挟まっている感じ」「ピンポン球のようなものが飛び出ている」「おしっこが漏れる」などの症状が出てきます。

20才から59才までの女性の約30%、50代の女性の約55%、出産経験者の44%が、何らかの骨盤臓器脱の症状があります。軽症の場合は、骨盤底筋体操やリハビリで改善します。それでも改善しない場合はペッサリーなどをいれて下がっている臓器を支える方法や手術療法が必要となります。

ウィメンズヘルスリハビリテーションのお知らせ

2019.09.12

腟や子宮の下垂感、尿漏れなどの症状は、骨盤の底の筋肉や骨盤内の臓器を支える靱帯が緩んでしまうことが原因です。進行してしまった場合は手術が必要になりますが、軽症の場合は骨盤底筋体操が有効とされています。この度、当院ビルの3FのDo-Clinicにてウィメンズヘルスリハビリテーションプログラムが開始されます。尿漏れや下垂感などの症状がある方は、診察をして適応がある場合はご紹介いたしますので受診してください。

にしかわウイメンズヘルスクリニック

北海道札幌市中央区南1条西14丁目291-81ウィステリア南1条ビル2F

市電「西15丁目」駅 向い

TEL 011-213-1730FAX 011-213-1733

top